FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

意味がわかると怖いコピペのスレ

20130118_0.jpg
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:02:16.77 ID:qwfQ7fhb0

ある日パソコンを開くと一通のメールがきていた。そのメールには「突然ですがあなたに質問です。あなたはどちらを選びますか?(A)3355411(B)1122411」とりあえず俺はAを選び返信した。数日後、俺は遺体となって発見された


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:13:21.22 ID:hdq0Xmnn0

>>1
>数日後、俺は遺体となって発見された
なんかワロタwww
お前は誰なんだよ、それが一番怖いわ



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:06:29.94 ID:FEx4MtHT0

>>1
A死にたいB生きたい



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:06:01.54 ID:Zd51N1l90

しにたいいきたい だろ



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:04:00.59 ID:4q1rLdy90

俺はものしりだ。
特に有名な人名などは世界一知ってると自負してる

そして今日は学校で友達に○○という人物を知ってるか聞いてみた
「は?誰?」
やはり難しかったかな
先生にも聞いてみた
「ん?誰だね?」
学校が終わり彼女にも聞いてみた
「いやいや、誰だし」
やはり難しすぎたのかな?
でも俺の尊敬する両親なら知ってるかも
家に帰って聞いてみた
「あの・・・誰ですか?」

誰も知らないみたい



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:08:06.26 ID:qwfQ7fhb0

>>6
語り手が他人に話かけてるってこと?



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:10:39.15 ID:vdYbX3at0

>>6
家族ですら自分を知らないってこと?



395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 22:28:46.97 ID:m6rA6Kf+0

>>6
怖いというか、(;;)←こうなる。



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:08:54.83 ID:2SfINKZe0

妻が作るハンバーグはおいしいのだが、今日はいつもと味が違う気がする

「これ何の肉なんだ?」
「静岡産よ」
「へぇ~」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:16:06.63 ID:TOenPRvI0

>>19
「静岡産の肉」じゃなくて「静岡さん(人名)」て事だな



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:16:29.20 ID:2SfINKZe0

>>34
正解



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:09:12.72 ID:qwfQ7fhb0

先生と生徒の会話先「ねぇNくん、なんでこんなことしたの?」 N「…。」先「勉強熱心なのは分かるけど何もこんなことしなくても…」 N「…。」先「あなたの医学部への進学はほとんど決まっていたのに…」 N「…。」先生は静かに泣いてしまいました。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:10:51.91 ID:bEkiEnD3P

>>20
自分を解剖した?



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:13:50.54 ID:qwfQ7fhb0

>>25>>28
正解



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:11:40.51 ID:atweGotT0

456 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/01(火) 11:56:42 ID:Tfaeq2f0
さっきさー俺の彼女からメールが届いたんよ
「お前なんか大嫌いだ、殺してやる殺してやる殺してやる」ってな
昨日は大喧嘩して別れたきりだったからgkbrしてたんよ

でも今は大丈夫
今日はエイプリルフールだってことに気づいたからな
つまりさっきのは仲直りを兼ねての大好きメールってわけだw


458 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/01(火) 12:09:47 ID:Tfaeq2f0
またメール来た
「嘘だと思った?さっきのはホントだから。お前の家にもうすぐ着く、殺してやる」だってよ
おいおいもう嘘だってことには気づいてるってのw
とりあえず「お前の好きなレモンティー用意しておいてやるから早く来い」って返信しといた
多分そろそろ来る頃だな
全く質の悪い悪戯だぜw



170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:37:40.91 ID:obirfSR40

>>27
どういうことなの!?



171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:38:17.02 ID:4DmbPotM0

>>170
嘘ついていいのは午前まで



185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:45:18.41 ID:obirfSR40

>>171
時刻か....
ずっと文みてたわwwww



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:14:52.80 ID:1BiVkFj70

あれは私が18歳の頃地元でも有名な心霊スポットへ行った時のことでした
当時私は同じ学年の男子と付き合っており、その他のカップル達とグループ交際をしていました

3組のカップル、計6人で山の中にある古いトンネルに向かいました
トンネルの前にあるスペースに車を止め、静かに中へ

中は驚くほど静かでした、私はあまりにも恐かったので彼の腕にしがみ付き眼を閉じていました
私たちの前では他のカップル(仮にAとBとします)
A「やだ~B、恐いよー」
B「大丈夫だって、いざって時は俺が守ってやるから・・・」
A「B・・・私Bがいれば恐くない!」
などとバカップル振りを発揮し、ずっとイチャイチャしていました
A「んーBがキスしてくれれば恐くなくなるかも・・・」
B「えーしょうがねーなー・・・」Bがキスしようとしたその時
「オエエェェェ!!」誰かが吐くような声が聞こえて来ました
みんながシン・・・としていると今度は明らかに私たちの後ろから
「ッチ!」と舌打ちする音が聞こえてきたのです。
私たちはすっかりパニックになってしまい急いで車に飛び乗り家に帰りました

その後霊感の強い知り合いに話を聞くと
「あそこは危ない、特に女性を連れてるとその人は大体不幸な目にあうから『雌殺しトンネル』って呼ばれてるんだ」
と教えてくれました。
幸い私たちは全員男だったので事無きを得ましたが、もし私が女性だったら・・・と今でも鳥肌が立ちます。



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:16:33.05 ID:nuluLDo70

>>33
こええ
鳥肌立った



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:17:21.27 ID:1yht8Zh50

>>33
こええ
ち●こ立った



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:18:35.61 ID:qwfQ7fhb0

俺にも彼女ができた
包容力のある蠍座のB型
丁度仕事から帰って来た時告白されて
持って来た食材で料理中。
つまり俺にも春が来た
たのしい日々が始まりそう
女っ気がない人生から卒業だ
ニコニコした生活が待ってる
居場所もできて
座ってると料理が出てきた
ラッキー
れんあい経験無いけど
てんからの贈り物かな?
にんげん、良い事がある
げんに、俺がそうだ
ラッキー
れんあいも頑張るか
なんか、ずっと見ていてくれて、
いつも気に掛けてたらしい
たのしい
すてきな人生
けいけんない俺で良いらしい
てか、これ見て照れてるよ



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:19:00.30 ID:1BiVkFj70

>>42
縦読み



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:19:17.54 ID:UUoGzKRH0

今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。
みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。

お別れ会はとても素晴らしいものだった。
途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。

そして、お別れ会のクライマックス。
親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。

プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。
昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて

「ありがとう」と、一言だけ書いた。

親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。

「元気でね、A君・・・」

「今までありがとう、W君・・・」

A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後、感極まったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。
プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。

二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。
僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。

本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:20:13.09 ID:1BiVkFj70

>>45
みんな寄せ書きしてない



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:22:08.97 ID:UUoGzKRH0

>>48
>>50
正解



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:59:23.72 ID:1BiVkFj70

>>98
寄せ書きってみんなが書くもんじゃん
けどW君に回ってきたとき白紙だったんだぜ
みんな寄せ書きしてない=嫌われてる
ってことにとれない?



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:22:02.53 ID:N+sz5ahY0

現在も住んでいる自宅での話。
今私が住んでいる場所は特に曰くも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。
ここ最近ですが、リビングにいると昼夜を問わず、 女性の低い声で鼻歌が聴こえてきます。

「ん~……ん~ん~……」最初はよ~く耳をすまさなければ気づかないほどに遠くから聴こえてくるのですが、 放っておくとどんどん近づいてきます。

「ん~……ん~ん~……」
それでも放っておくと、意識を集中しなくても聴こえるほどに近づいてきます。

「ん~……ん~ん~……」
なので私は、その声に気づいたらいつも般若心経の最後の部分を 繰り返し唱えるようにしています。(これしか知らないもので……) とにかく般若心経の「ぎゃーていぎゃーてい」のくだりを唱え続けると、 声はだんだん遠ざかっていきます。

 このリビングではテレビにも集中できません。 声が聴こえ始めるのは完全に不定期ですし、早く声に気づいて 般若心経を唱え始めなければ、時としてそれは部屋にまで入ってきます。
「ん~……ん~ん~……」
そういえばこの前、大好きなバンドのニューアルバムが発売されました。 発売日を楽しみにしていたので、お店で買った時はもうテンション↑↑

 さっそく家に帰ってヘッドフォンで聴いて、一通り聴き終え、 よかったな~と余韻に浸りながらヘッドフォンを取ったら耳元で
「んーーーーんーーーーーんーーーーーアーイア、アーーイッエビバディパッション♪」
って。



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:23:26.12 ID:1BiVkFj70

>>51
こえー



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:24:39.05 ID:mcRt43G40

>>51
プロテインふいたわ



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:22:24.67 ID:qwfQ7fhb0

高層マンションに住んでいる男性の話。

彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須。
夜中に帰宅した時、エレベーターに乗り14階のボタンを押しました。
ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯しました。

『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』
そう思った直後、慌てて2階3階4階5階とボタンを連打。
3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開ける
勢いで外へ飛び出しました。

そのまま階段を駆け降り、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:27:06.95 ID:/BYgJRil0

>>53
中から誰かがボタンを押した



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:24:11.25 ID:4DmbPotM0

ボタンは押さないと灯りつかない



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:31:26.28 ID:qwfQ7fhb0

>>56
正解



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:24:17.96 ID:utelLwHF0

2人の女がビデオカメラを携えて心霊スポットに入り、
このまま1時間ほど廃病院を探索した。
「何も映らなかったねー。」
「家帰ろっか。うち来る?」
「そうするよ。」
「え?いいの?」
「いいよー。」
「じゃあ行くー。」
2人の女は病院を後にした。



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:29:42.75 ID:suZNJ+9o0

>>57
「そうするよ」って言ってるのに「いいの?」とか聞かない
別の誰かが答えてる



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:32:50.35 ID:utelLwHF0

>>64
正解 一人増えてる



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:26:11.57 ID:nuluLDo70

お前らさ・・・実際に死体とか見たことある?
あるわけないよな
あったらこんなスレ気軽に立てないもんな
俺はあるよ
昔俺がまだ小学生だったころ首吊り自殺の死体を見たことが
すげぇ怖かったよ・・・野次馬根性丸出しで見に行ったのを心底後悔したね・・・
顔も体もガスでパンパンに膨れて・・・
目がキツネ目になってて・・
体中土気色で・・・
何か体が動いたと思ったらそれは蛆だったよ・・・
そんでな・・・怖くて泣きながら帰っておじいちゃんに抱きついた・・・
そしたらおじいちゃんポンと俺の頭のうえに手を置いて撫でてくれた・・・
おじいちゃんの手はゴツゴツしてて撫で方も荒っぽかったけど温かかった・・・
そして飴を一粒くれた・・・
美味しかった・・・
その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディーをもらえる私は、
きっと特別な存在なのだと感じました。
今では私がおじいちゃん。孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル。
なぜなら彼もまた特別な存在だからです。



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:27:23.11 ID:1BiVkFj70

チェルシーのがうまいけどなっ



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:38:15.60 ID:suZNJ+9o0

ある日、彼からムービー付きのメールが届く。 見てみると自殺する内容だった。

縄に首をかけ首を吊り苦しそうにもがいて彼は逝った。
そこでムービーは終了。



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:38:53.18 ID:T8zQY3Ef0

>>68
どうやって送ったんだという話か



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:43:09.29 ID:suZNJ+9o0

1904年8月
私は自宅で不審な日記を見つけた。
我が家は、6年前結婚してすぐに妻と選んで購入した中古住宅だ。
妻と二人の娘は一昨年の船旅中の事故により他界。
二人の愛娘は後日別々の場所に打ち上げられたが、結局は還ってこなかった。
先日、改築のため大工を呼ぶと、妻の部屋の天井裏から日記が出てきたと手渡された。
その日記は間違いなく妻の字で書かれていた。

日記の内容はこうだ。

----
7/15:今日から私と貴方の生活が始まりますね
(私と妻の結婚記念日だ)
9/21:貴方のために今の私が作られました。
12/9:それでも私は貴方を放さない。
2/23:もうすぐです。
2/29:理解して頂けましたか?
----
私は恐怖のあまり、遠い街へと引っ越した。



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:49:28.99 ID:PsoLnXwt0

>>73
理解できん。
誰か説明



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:03:50.72 ID:suZNJ+9o0

>>73
1898年から1904年の間、閏年なのは1904年だけ。それなのに2/29の日付で日記があるということは、海難事故で死んだはずの妻が家にいるってこと。娘は打ち上げられてるけど妻は打ち上げられてないのもミソ



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:53:30.43 ID:1BiVkFj70

>>93
最後の日付だろ?
閏年だったらなにが怖いの?



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:56:42.51 ID:HsRJqwds0

>>94
結婚したのが1898
死んだのが1902
でなんで閏年なのか



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:43:23.50 ID:UUoGzKRH0

おれの住んでいる地区では徘徊老人や迷子が出ると、役所が街灯拡声器で放送を流す。

「○○歳の男性が、××時から行方がわかりません。背格好は…」

とかそんな感じ。見つかると、

「先ほど放送した男性は、無事発見されました」

というような放送が流れる。
冬になると毎年風物詩のようにこの放送が流れるんだ。
今朝も、黒っぽい服を着た67歳の男性の行方が朝九時からわからなくなっているという。
この寒いのに、よく出歩く気になるもんだ。

と、思ったら夕方になってまた放送が流れた。

「先ほど放送した男性は、発見されました」



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:45:10.35 ID:4DmbPotM0

>>74
死体



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:55:04.15 ID:0gtnl2PQ0

>>74
俺の地域じゃ生きてる場合「無事、発見保護されました」だから両方死んでるのかと思った



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:44:56.03 ID:aC8PzVPH0

無事じゃなかったのか



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 19:52:31.94 ID:pub4udLd0

なんでナポリタン出てないの

ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるレストラン……
人気メニューは……ナポリタン……



187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:46:12.31 ID:3KlcLOPg0

おい>>92はどういうことなんだ



199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:49:53.96 ID:j0n2AVTQ0

>>187
店の前にThis is a restaurantfamous for neapolitan.と書かれてあった
This is a restaurant (ここは とあるレストラン)
famous for neapolitan (ナポリタンが人気です)だと思った
だが本当はThis is a restaurant famous for neapolitan (ここは不潔で有名な店だよ)だった
それを店を出てから気がついたというアメリカンジョーク
napolitanは汚いというスラングがある



210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:56:06.00 ID:j0n2AVTQ0

>>206

Neapolitanといえば、ストロベリー・バニラ・チョコレートの三色アイスクリーム
そこからスラングとして「パートナーの鼻を殴って血を出させ顔に精子をブッカけ大便をのせる」
というプレイを指すこともある
レストランで最初に出てきたのはこれ
数分後に出てきたのはアイスクリーム
また、ナポリ病(Neapolitan disease)といえば梅毒
最後にこれをもらったことに気付いた
みたいな説もあるとかないとかなんとか



216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:58:25.07 ID:3KlcLOPg0

>>210
あんた詳しいなww
ありがとう スッキリしたわ



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:06:43.27 ID:N+sz5ahY0

脳死が確認され、
無数のチューブと人工呼吸器や点滴により生き続けた。

しかし死んでしまった。
「すみません。手を尽くしたのですが」
医者はとても悲しげな顔で告げる。
彼の亡き骸を抱いた時、とても軽く、苦しかったんだと思った。

「治療費は結構です」
決して裕福とは言えない私の状況を察し、
なんて優しい医者なのだろう。私はすぐに泣いた。
「遺体を見るのは辛いでしょう」
お医者さんがシーツを被せた。
「思い出は彼と共に焼いて忘れなさい」
この一言で私は立ち直れたのである。



181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:42:49.33 ID:3KlcLOPg0

>>117
医療ミスだろ
証拠隠滅のために早く燃やせってこと



191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:47:51.19 ID:MuTrbDpS0

>>181
違うだろ

臓器全部売っぱらって死体は軽くなった。
早く証拠を消すために燃やさせた



197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:49:38.21 ID:3KlcLOPg0

>>191
おおwwそれだわ



205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:52:22.06 ID:MuTrbDpS0

>>197
書き忘れてたから追加しておくと

臓器売っぱらって手術代は臓器摘出する分だけ、
金はたんまりもらったし、証拠出たら捕まるからとっとと燃やさせた。

っていうことだろ



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:09:58.30 ID:N+sz5ahY0

トイレが汚いので「ブ○ーレットおくだけ」を設置してそのまま寝た。
次の日起きてトイレで小便した後に流したら青色の水がワァーーーって便器の中に流れていってとっても綺麗になった。

良い匂いもするし、やっぱ買って正解だったな。



129 :以下、名無しに恋しましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:11:14.12 ID:GuX/9XDN0

>>126
誰かがすでにトイレを使った



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:13:47.68 ID:N+sz5ahY0

ある女性が大学受験に悩んでいた。
すると突然目の前に男性が現れ、言った。
「あなたの願いは?」
女性は大学に合格したいと言った。
その後、見事女性は大学に合格した。

何年か後にその女性が就職に悩んでいた。
すると突然男性の声がした。
「あなたの願いは?」
女性は就職したいと言った。
その後、見事女性は就職した。

そのまた何年か後にその女性が人生に悩んでいた。
「あなたの願いは?」
女性は答えなかった。
聞こえなかったようだった。
男性は言った。
「順番を間違えたようだな……」



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:16:18.80 ID:8NiEqNd40

>>132
わからん



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:16:36.10 ID:suZNJ+9o0

>>132
最初は見えてる
次は聞こえてる
つまり始めに視力、次に聴力を犠牲にして願いを叶えた



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:16:24.12 ID:qwfQ7fhb0

俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。
その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。
背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの。

これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。
そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。

あ~あ、ビックリさせやがって全く。



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:17:43.99 ID:suZNJ+9o0

>>136
真っ白い顔の真っ赤の目の女が実際にいたことになるな



152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:21:19.13 ID:qwfQ7fhb0

>>140
正解



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:16:47.26 ID:N+sz5ahY0

ある日、俺が妹の部屋で大便していたら、旧・日本兵の格好をした見知らぬ男が入ってきた。
最初は泥棒かと驚いたんだけど、無言のまま血走った眼でこちらを睨みつけてくる。
ちょっと薄気味悪くなって、「貴方は誰ですか、何をしているんですか?」って尋ねたら、
「バカヤロー!」って叫んでそのまま霞みたいに消えてしまった。

その後、帰宅した妹に事情を話したんだけど、泣き叫ぶばかりで話にならなかった。
両親も怒鳴ったり喚いたりするばかりで、その男の話は何も出来なかった。

もしかすると家族は俺の知らない秘密を抱えているんだろうか?
いま思い出しても背筋が凍る思いだ。



146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:20:34.12 ID:PsoLnXwt0

>>138
一行目が原因だろwww



157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:23:40.46 ID:WY35LGyN0

>>138
首つってるから大便が漏れてるんだろ



168 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/14(月) 20:36:44.51 ID:/X2ZAqKu0

>>138
大便してるのは首つったから。
妹が泣いてるのはそれを見つけたから?
日本兵は先祖?



143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:19:19.58 ID:N+sz5ahY0

双子の幼女が強姦された。
双子は声を出す事もなく
抵抗する事もなく犯されたという。


その犯罪者は
姉の耳元で囁いた
「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。」

その犯罪者は
妹の耳元で囁いた
「抵抗したり逃げたら姉を殺すよ。」



164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:32:18.36 ID:d93kBrsY0

>>143
双子の見分けがつくってことは知り合いの犯行



148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:20:54.73 ID:WY35LGyN0

②表向きは仲良くしてるんだけど
クラスでムカツクAの携帯に
非通知で朝となく夜となく嫌がらせの電話を
仲間うちで繰り返してた
『氏ね』とか『殺す』とか声色使って

ある日、Aの家で大便してたら知らない番号から電話があって出た
『もしもしAだけど、明日バイト変わって』



162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:30:07.51 ID:h+0KUTtS0

>>148
知らない番号がAの携帯なら、今までAだと思って嫌がらせしてきた番号は誰にかけてたの?って事?



166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:32:51.28 ID:o0tCA/qPO

>>162
Aの家でウンコしてるのに、Aから電話ってのも追加で



165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:32:28.73 ID:suZNJ+9o0

田中四郎様
元気?この間はありがとう。
最近、ろくに話もできないから不安だろとと思って、この手紙を書きました。
風邪移さちゃって、それが悪化して、今、中央病院に入院してるんだ↓
病院でレントゲン撮ったら肺炎で危なかったらしいの。
病院のルールで携帯は禁止だし、安静にしなくちゃいけないから
じっとただ、ベットでテレビとか見てるよ。
ホントすぐにでも、退院して会いたいけど、ずっと先になりそう。
退屈だけど、今はほとんど動けない状態だし、しょうがないよね。
ただ、テレビも面白くないし、暇で死んじゃうかも。わかってくれるよね?



家に帰ると、この手紙が郵便受けに挟まっていた。
あて名は彼女からだ。

彼女とは、ここ最近というか、ここ何週間か会っていない。
会おうにも会えないのだから仕方がなかった。
電話は止められており、家に行っても誰もいない。
仕事もずっと休んでいると、聞いた。
もしかして何か事件にでも巻き込まれたのかと、不安に思っていたが、
この手紙が送られてきたことで、少しだけ安堵することができた。

それにしても変な手紙だ。
よく見れば、字は擦れ、紙は皺が目立つ。
紙の端は、泥か何かで汚れ、俺の名前も間違ってる。
俺の名前は、二郎なのにさ。



167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:36:15.47 ID:jixz6yep0

ころされるたすけて



169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:36:59.70 ID:suZNJ+9o0

>>167
当たり



173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:40:20.44 ID:iarLhjch0

二郎が四郎になっているのは?



176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:41:51.96 ID:suZNJ+9o0

>>173
四行目みてね^^っていうメッセージ

オバケって本当にいるとおもいます。
小さいころ、わたしにはお姉ちゃんが見えていました。
同じきたない服をきて、いっしょに住んでいました。
でもある日お姉ちゃんは見えなくなりました。
パパと、ママが宝くじをあてました。
びんぼうだったから、そんなはくちゅうむを見たのだと言われました。
今はとってもしあわせです。
でもそろそろ宝くじのお金がなくなっちゃいそうです。



182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:42:57.08 ID:4DmbPotM0

>>176
逃げろ



180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:42:41.62 ID:jixz6yep0

妹逃げて超逃げて



183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:43:36.36 ID:d93kBrsY0

>>176
次はわたしが売られる



172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:39:06.91 ID:RHdCm0+Z0

30 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[] 投稿日:2006/07/10 09:33:54 ID:1eItpzrc0
どの局が一番実況うまい?

31 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[sage] 投稿日:2008/12/7 10:01:19 ID:EG2wzFY80
何でこのスレこんな過疎ってんの.

32 名前:実況厳禁@名無しの格闘家[sage] 投稿日:2008/12/7 10:01:50 ID:8bF6c/wo0
ここにいるよ^^



198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:49:53.29 ID:2SfINKZe0

>>172
これが一番怖い



193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:48:47.00 ID:h+0KUTtS0

>>184
結論知らないけど、実況なのに2年もレス無しで保守されてるのと、レス入れたとたん秒単位で返信のコンボと思った



207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:52:54.93 ID:suZNJ+9o0

ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった。早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら 一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた 。その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが、少し不気味で目に特徴があったとても大きな瞳でこっちをみている気がした 。
なんだか怖くなり急いで掃除を終わらせ帰った。次の日学校は大騒ぎになっていた。
例の美術室の絵が盗まれたのだ。
最後に絵を見たということで僕は美術の先生にいろいろ聞かれた 。
「なるほど掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」
「間違いないです、あの絵は高価なものなんですか?」
「あれは『眠りに落ちた美女』といって私の知人の画家が自分の娘の寝顔を見て描いたものなんだ、特に価値はない 。
最も画家も娘ももうこの世にいないけどね」



209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:55:33.91 ID:MuTrbDpS0

>>207
眠りについた、という事は目を瞑っている絵のはず。
なぜ目が開いているのか。



219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:59:29.05 ID:suZNJ+9o0

>>209>>213>>215
当たり
俺はこれ画家が娘殺して云々だと思ってる



218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 20:59:05.92 ID:3KlcLOPg0

>>215
何その新しい安価ww



220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:00:15.25 ID:N+sz5ahY0

いつものように
俺はコンビニで買ったおにぎりを持って
一人屋上へ向かった。

その日は珍しく一人先客がいた。
色の白い可愛い女の子だった。
その子と目が合った。

俺は初めて人がこいに落ちた音を聞いた。



222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:00:49.75 ID:suZNJ+9o0

>>220
故意か?



228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:02:22.08 ID:thwq3p5m0

鈍い俺でも>>220だけは見た瞬間わかった



230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:04:19.51 ID:N+sz5ahY0

友達が小学生のとき、学校に大きな遊具(滑り台やらうんていやらが合体したアスレチックみたいなやつ)があったらしい。

で、長放課になるとその遊具で遊ぶ生徒が多かったそうだ。

ある日、その遊具で怪我人が出た。

遊具から落ちて「足が痛い」と言っていたらしい。

両手で遊具の柱を掴み身体を支えて片足で立ち上がったけど、歩けないようだったから何人かの生徒が保健室に連れていった。

そしたらそのとき保健室には先生がいなくて、しばらく一緒に遊んでたみんなで付き添ってたらしい。

20分ほどしてようやく戻ってきた保健の先生が病院に連れていくと、落ちた子は両手両足を複雑骨折してて、しばらくしてから障害者施設に移っていったそうだ……

話し終わってから友達は意味ありげに笑ってたんだが、聞いた時は何が怖いのかわからなかった。

わかってから何か怖くなったよ。



231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:05:14.84 ID:MuTrbDpS0

>>230
皆にボコボコにされて折れてる場所が増えてる



250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:15:45.19 ID:o0tCA/qPO

>>241
複雑骨折って障害者施設に行くの??

わからんけど



256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:18:51.48 ID:klQ6rv+f0

>>250
そりゃお前さっきまで一緒に遊んでた友達に手足粉砕されたら精神の一つや二つ



233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:06:31.61 ID:N+sz5ahY0

初めて書き込みします。
私は結婚して2年目。
平日は仕事で休みは土日。
いつもは洗濯や掃除をまとめて土日にするのですが、
今日はなんだか気が進まず、昼寝したりボーッとしたり。
夫もいつまでも起きてこないので、気にせずまったりと過ごしていました。
正午くらいに、インターホンが鳴り、モニターを見ると
知らない女の人が。30~40台の女性です。
何かの集金?夫の知り合い?
夫は起きてこないので、確かめることも出来ず、
とりあえず私もパジャマのだらしない格好のままだったので、
応答せずにいると、階段を降りて帰って行く音が聞こえました。
すると3分後、またインターホンが鳴りました。
同じ女性でした。
気味が悪いのでやはり返事をせずにいると、また帰って行きました。
夕方になり、晩ご飯の材料を調達するため外にでようと玄関のドアを開け、
鍵をしめようとすると、郵便受けに、透明のセロハンにくるまれた
一輪の花がささっているのを見つけました。少しぐったりしている花でした
その花が菊の花であり、仏花であることに気がつき、
徐々に事の重大さを理解し、怖くなりました。
どうして!?なんで!?とパニックになっているうちに、
昼に尋ねて来た女性のことを思い出しました。
彼女は誰なのでしょう。
そして彼女は、何故知っているの!!??
それから一歩も外に出られず、今も一人、恐ろしさで動けずにいます。



235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:08:17.43 ID:MuTrbDpS0

>>233
夫は起きてこない=殺されている
菊の花=お供え

全く知らないあの女性は自分が夫を殺したことを知っている



237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:09:34.15 ID:klQ6rv+f0

>>233
夫は妻が殺した
その女はなぜ知っていたのか長年の疑問



236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:09:09.03 ID:N+sz5ahY0

>>235
あと最後の「今も一人」も夫の死を暗示している



240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:11:40.57 ID:N+sz5ahY0

この前な、
すごい当たるって言われてる占い師に見てもらったんだよ
なんでも、客の中にはおかげで悪性の腫瘍を早期発見出来たって奴もいたらしい。

まあ、俺はそんな占いなんて非科学的なものは信用してないからなww
適当にお茶を濁す感覚で見てもらったわけ
そしたらその占い師のババア
俺の顔を見るなり、
「あなたキャンサーね」
ばーーーーかwwww
俺、水がめ座だよ!み・ず・が・め・ざ
なんだよ、カニ座って。しかもキャンサーだって?
英語使って知ったかぶりwwwうはwww
なんでよりによってカニ座なんだよ
消防時代、カニ座ってだけでいじめられてた奴いたな。あと魚座ww
その点おれは水がめ座!マジかっこいい!オーロラエクスキューションくらわすぜwww

もうね、腹筋よじれるくらい大笑いして、
なんか言いたそうな占い師にバーカバーカインチキーって叫んで帰ってきた。



242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:12:31.05 ID:suZNJ+9o0

>>240
日本語で言えよwww



243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:13:08.83 ID:8q5wSxAn0

キャンサー=癌



245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:14:36.74 ID:N+sz5ahY0

駅のベンチで電車を待っていた時、隣に赤ん坊を抱いた夫人が座った。
子供好きな俺はついジッと見てしまった。
それに気付いたのか夫人が聞いてもいないのに話しかけてきた。
「これね、実はバッグなんですよ。」
そういうと赤ん坊の服をめくり、お腹についたジッパーを見せてくれた。
そう言われてみれば確かに、目玉もガラス玉で出来ているようだ。
「へぇ、良くできてますね。」

「ええ、結構難しいんですよ、時間もかかるし、でもリサイクルが好きだから。」
と笑顔で答えて。丁度来た電車に乗って、行ってしまった。
俺も同じ電車に乗るはずだったが、ベンチから立ち上がる事が出来ず、去っていく電車を見送った。



252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:16:05.08 ID:MuTrbDpS0

>>245
リサイクル、つまり死体



274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:25:43.05 ID:MuTrbDpS0

>>268
何もない。笑ったら拡散とかいうバカッターのコピペ



254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:17:52.60 ID:N+sz5ahY0

あるサイトで彼女と出会った。

そしてある日、初めてデートをした。

少し遅れたのか、彼女は怪訝そうな顔をしていた。

緊張していたのか無口な人で、あまり言葉を発さなかった。

目もあまり合わしてくれない。映画や食事を楽しんだ後、彼女の部屋に行った。

彼女は、人生に疲れたようだった、なのでプレゼントをあげた。

彼女は喜んでくれた。代わりに俺が好きなジグソーパズルをくれた。

俺は、一旦組み立てられたパズルを壊すのが好きな、変わり者だ。

翌朝1ピースを持って部屋を出た。

俺はいままで付き合った彼女でもパズルが好きだといってジグソーパズルをよくプレゼントとしてもらうのだが1ピースだけ持って帰って、後は忘れるという変な癖がある。



259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:21:17.28 ID:MuTrbDpS0

>>254
人生に疲れていたようなので殺してあげた。
かわりに死体をもらってバラバラにしてパズルにした。
一部分を持って帰った。

これまでに何回もしている。



264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:22:05.68 ID:suZNJ+9o0

>>254
知り合ったのは自殺サイト
プレゼントしたのは死
持って帰ったのは体の一部



258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:20:36.27 ID:suZNJ+9o0

小学校に入る前の娘と遊園地に行った
入り口には看板が貼ってあって、楽しんでねと書かれていた
まだ字が読めるようになったばかりの娘が、まじまじとその看板をみていて微笑ましかった

ジェットコースター、観覧車、コーヒーカップ、と色んな乗り物に乗ったが、
しかしどうにも娘はそわそわして楽しんでいる様子がない
俺はせっかく遊園地に来たんだから入り口に書いてあるようにしないと駄目だぞ、と言うと
やたら暗い顔になる
まだ遊園地は早かったのかもしれない

仕方ないから帰ることにした
そして娘はその日自殺した

俺は今でも自分を許せない



263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:22:00.61 ID:IgqfJaKL0

>>258
漢字が読めないのか



265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:22:10.29 ID:h+0KUTtS0

>>258
字が読めるようになったばかりだから、「しんでね」しか読めなかった



269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:23:45.45 ID:N+sz5ahY0

図書館で本を借りに行った。

壁際の棚にある小説の特集コーナーに行き、面白そうな

タイトルの本を抜き取りパラパラめくる。

抜き取ったとき棚の隙間から向こう側の人と一瞬目が合った。

10分ほど吟味した後良さそうな本を3冊抜き取って司書さんの所へ。

帰路の途中やっぱりあの本も借りておけば良かったと後悔したけど

まあいいやと思ってそのまま帰った。



275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:25:51.27 ID:h+0KUTtS0

>>269
壁際の棚の向こう側の人と目が合う



278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:27:29.14 ID:suZNJ+9o0

少女のところにお星さまが降り立ちました。
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
お星さまはいいました。
少女は泣いていました。
「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんと
おとうさんとおにいちゃんがいました。
少女は後悔しました。
その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。
「気に入ってもらえたかな」
少女はいいました。
「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」
お星さまはいいました。
「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」
少女は泣きました。



281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:28:56.70 ID:MuTrbDpS0

>>278
少女は養子、
本当の家族を消してしまった



284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:30:02.16 ID:N+sz5ahY0

長い夢を見ていた。
目が覚めると、そこには白い天井。白い壁。カーテン。規則的に鳴り響く機械音。
眩しい。視界が白く霞む。
「・・!!目を覚ましたのね!」
『・・こ・・ごどごで・・ずか・・』
変な感じに声が掠れる。自分の声じゃないみたいだ。
「・・落ち着いて、聞いてね。ここは病院よ。あなたは交通事故に遭って、意識不明だったの」
『おれ・・はどうな・・ています・・か』
「・・・。すぐ、先生を呼ぶから。待ってて」
『は・・い・・』
ここの看護師だろうか。声の調子からすると俺より年配だろう。四十代半ばといったところか。
どことなく見覚えがある。きっと、眠っている間俺の世話をしてくれていたのだろう。
妻は?娘はどうなった?記憶が欠如している。
俺が覚えているのは、娘が小学校の卒業式で見せた笑顔。妻が涙ぐんで微笑んでいた顔。それから・・・・・。
頭が回らない。考えるのは後だ。少し休もう。
俺は体が欲するままに、再び意識を手放した。
一時間ほど眠っただろうか。目を覚ますと、傍らに先ほどの年配女性。その隣に見覚えのある少女が座っていた。
相変わらず視界が白くぼやけてよく見えないものの、俺にはすぐに分かった。
『ご・・め゛・・んな゛』
精一杯搾り出してもしわがれた声しか出なかったが彼女はそれでも、俺の手をぎゅっと握りしめてくれた。
多感な時期に父親が意識不明だったのだ。辛い思いをさせたのだろう。寂しげな表情をしている。
背が伸びて、顔立ちも何だか変わったようだ。
俺は、また現実に戻ってこれたことを神様に感謝した。
その時、奥の入口から俺と同じようにしわがれた声が響いた。
「お帰りなさい、あなた!」
ああ、神様



285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:31:53.40 ID:MuTrbDpS0

>>284
自分は植物状態だった

最初は娘、次は孫、最後の人は妻



288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:35:27.44 ID:N+sz5ahY0

友人の住むマンションのエレベーターは、奥が鏡張りになっている。
家に遊びに行った時、その友人が俺にこんな話をした。
「エレベーターって入口の方を向いて乗るじゃん、そうすると鏡が背後でしょ」
ま、確かに。普通はそうやって乗るね。
「でね、乗ってる時になんだか背後に視線を感じる時があるんだよね・・・」
え?おいおいまさか・・・。
「だけどよーく考えたらさ、背後の鏡に映ってる自分の視線なんだよねw」
やっぱりそう来たか。そりゃお前、勘違いってヤツだぞ。
背後の鏡に映ってる自分は背中を向けた自分。視線など感じるわけがない。
俺がその理論を述べると、友人は「あはは、そっかーw」と笑っていた。
夜も更け、友人宅をおいとました俺は件のエレベーターに乗る。
ん?・・・なんだか背後に視線を感じる?
そんな馬鹿な話あるわけない。さっき理論的に解明したばかりじゃないか。
気になり、背中を向けたまま手鏡で覗いてみる。もちろん映るのは俺の背中。
ふと振り返ると、鏡に映るのは眼鏡をかけた俺の顔。・・・当たり前の事だ。
馬鹿馬鹿しい、何やってんだ俺はw
自嘲の笑いが込み上げて来た瞬間、突然グラッと大きな揺れを感じる
地震だった。
エレベーターは止まり、白い蛍光灯が消え、代わりに薄暗い電球が灯った。
非常停止状態らしい。咄嗟の事にうろたえる俺が鏡に映っている。
が、すぐにまた蛍光灯がつき、エレベーターも何事なく再び動き出した。
1階に着き、駐車場へ向かう。ちょっと焦ったせいか鼓動が少し早い。
車に乗った俺は「あれ、エレベーターに眼鏡忘れたかな?」と思った。
だが、眼鏡はちゃんとかけてあった。なんだ・・・動揺して気が変になったか。
それにしてもなぜ眼鏡忘れたなんて思ったんだろう。なんか違和感があるな。



291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:38:59.09 ID:MuTrbDpS0

>>288
咄嗟のことにうろたえる~
の部分でメガネをかけていない俺が映った



308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:47:29.28 ID:0GXTdGyKP

>>301
扉の方を向いて立ってたら、鏡の自分はどっち向いてるの?って話



290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:38:31.24 ID:I0fpJ50q0

ベルギーの北部に「神隠しの森」と呼ばれている場所がある。そこへ行くと必ず誰かが消えてしまうと、
現地の人は怖がって近づこうとしない。日本人の大学生グループが遊びでそこに寄った時の事だ。
森に入り、出てくるとその5人は一応お互いに確認し、誰も消えていないと安心していたが、
帰国の際、宿で荷物をまとめると見知らぬ日本製のバッグが残ってしまった。一体誰の物だったのか?



295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:40:58.02 ID:MuTrbDpS0

>>290
ABCDEがいるとして、
Aが消えて代わりにFが入ったことに誰も気づかなかった。
そしてAのバッグが残った。

Aはどこに?



298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:42:17.96 ID:0GXTdGyKP

>>295
最初は6人いたんだと思うよ



292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:39:24.56 ID:suZNJ+9o0

老人が男に言った
「ゲームをしないか?」
老人が説明したゲームの内容は次の通りだ
箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている
時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた
男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ
参加を表明した男に老人が言う
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある
5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」
男は笑顔で5万円を差し出した


ゲームが開始した
スタート時から賞金は男の目の前にあった



297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:41:47.81 ID:MuTrbDpS0

>>292
斧などを使って開けるような箱を素手で内側から開けなければならない



315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:50:01.06 ID:h+0KUTtS0

>>309
箱の中に賞金がある
賞金は目の前
箱を開ける道具は箱の外(周り)
さぁどうやって箱から出よう?



324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:53:15.85 ID:gAzp5ecB0

>>315
ありがとう
そうだよなそっちだよなうん



300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:42:23.29 ID:N+sz5ahY0

昨日夜遅くに会社に呼ばれた(クレームで)
で、バスも電車もないので家までタクシー呼んだんだけど
そのときの運ちゃんとの会話

運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて
  僕らも注意するように言われたんですわ。
  もし乗せちゃっても気づかない振りして降ろしてから通報ってね。」

俺「こわいっすね~。大阪でも物騒な事件がありましたしね~。」

運「こわいね~。でもまあ幽霊さん乗せるよりはマシですよ。
  あいつら無銭乗車するし事故を誘うし大変ですよ。」

俺「大変です・・・って、乗せたことあるんですか!」

運「しょっちゅうですよ。今日もちょうどお客さんと入れ違いで降りていきましたよ。
  気づきませんでした?」



305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:45:38.67 ID:MuTrbDpS0

>>300
自分の家で幽霊が降りたってことか?



306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:46:47.30 ID:1BiVkFj70

>>305
それだわ



323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:52:18.55 ID:o0tCA/qPO

>>305
タクシーを呼んだのに幽霊とすれ違ったからじゃないの?



310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:47:58.90 ID:N+sz5ahY0

ある中学校に仲良し五人組の女生徒がいた。
五人は休み時間も、お昼休みも、帰宅後もいつも一緒に遊んでいた。
皆で友情を誓い合ったりもした。

しかし、いつもリーダーシップを取っている生徒が、自己中だとか自分勝手だと
他の四人に陰口を叩かれるようになった。
しだいにそれはエスカレートしていき、彼女を自殺に追い込んだ。

四人もそんなことになるとは思っておらず、動揺しだした。
暗い気持ちになったのか一人の生徒が、今度の休みに四人でどこか静かな所でも
行こうよ、と言い出した。誰も反対はしなかった。

四人は山に出かけた。周囲には人が全くいない、壮大な景色だけが広がっていた。
四人は来る途中のコンビニで買ったインスタントカメラで、写真を思い出として残した。

数日後、一人の生徒が現像した写真を持ってやってきた。
よく取れている写真に四人はわきあいあいと盛り上がっていた。
一人の生徒が「この写真よく撮れてるね」と一枚の写真を手に取った。

そこには山の景色をバックに四人が楽しそうに笑っている写真があった。



317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:50:31.09 ID:OafsLm/q0

>>310
3人しか写らないはず、か



313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:49:08.77 ID:4DmbPotM0

>>310
死んでも友達



311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:48:04.44 ID:suZNJ+9o0

昨日は山へ足を運んだ。

今日は海へ足を運んだ。

明日はどこへ行こう。

私は頭を抱えた。

「手を焼いているんですか?」

と聞かれたので、振り向いてこう答えた。

「どうも」



314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:49:38.33 ID:U+kT9r7f0

>>311
実際にバラバラ遺体を処理してる
最初は初めの四行だけなのに、長くなればなるほど慣用表現にボロが出る珍しいコピペ



320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:51:26.75 ID:suZNJ+9o0

>>314
確かに焼いてるとか蛇足だな
上四行だけの方がいいかも



318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:50:57.29 ID:MuTrbDpS0

>>310
この写真は誰が撮ったのか。

>>311
自分はバラバラ殺人の犯人。
昨日は山に片足を、今日は海に片足を運んだ。
明日はどこに隠そう。
自分は頭を持った。
「手を焼いているんですか?」
と共犯者に聞かれた、
「どうも」



316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:50:30.90 ID:gAzp5ecB0

>>311
「胴も」



326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:55:29.75 ID:N+sz5ahY0

この山の崖は景色が良くてちょっとした名所。
展望台に出ると風が気持ちいい。
先には望遠鏡が設置されている。
自分の家はあっちの方角かな、なんて考えながら近づくと同じタイミングで一人の男が近づいてきた。

そこは自殺の名所でもあった。俺もそれでここに来たのだ。
もう一人の男も同じ目的だろう、顔を見た瞬間ピンときたのだ。

「あ、お先にどうぞ」

最後の最期に人に親切にしておくのも悪くない。そう思ったのだ。

だが、それが失敗だった。

『ありがとうございます』

男は身を投げた。

あの時譲らなければよかった。

全身に痛みを感じながら俺は後悔している。



330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:57:24.41 ID:OafsLm/q0

>>326
死体がクッションになって死ねなかった?



327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:55:45.13 ID:suZNJ+9o0

私は風呂でシャワーを浴びているときリビングの方から一つの悲鳴が聞こえた。
私はすぐに風呂から上がり、素っ裸でリビングに向かう。

するとそこには、覆面を被った男と体から血を流した父と母と妹の死体が床に横たわっていた。
覆面の男は私を見た途端、すぐさま窓から逃げ出し私は顔を真っ青に染めながらその場に座り込んだ。



340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:59:24.35 ID:MuTrbDpS0

>>327
自分は返り血を洗い流していた、
すると強盗が入ってきて悲鳴を上げた、そして逃げられる
強盗は何があったのか知っているのでおそらく自分はこのあと捕まる



335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:58:15.57 ID:I0fpJ50q0

近所に十柱神社と言うのが有る。
十柱というのは、普通、十体の土木の神様を祭っているので
十柱らと呼ばれているそうだが、不思議な事に
その近所の十柱神社では九体の神様は解っているのだが、
十体目の神様の記載が何処にも無い。

卒論の研究で、民俗学のフィルードワークをしたとき
出会った地元の翁が、ふとこんな事を言った。
「十柱さんは「火」を嫌うんですさ」
思わず聞き返した。
「どうして「火」を嫌うのですか?」
「昔から「ひ」は遠ざけていたのです。工事の衆もおることですから」
そう言って翁は言葉を濁した。

大学に戻ってこの事を教授に話してみた。
教授は鼻を鳴らして言った。
「君は土木工事に奉られるご神体って、何か知っているかい?」
「さぁ何ですか?」
「「とはしら」神社が何故「ひ」を遠ざけるのか?
それは禍々しい出来事の「音」をひたすら隠すためではないかな」
「…!!それが解らなかった十柱目の神様だったのですか!」
「十柱目の神は、常に入れ替わったっていたのかもしれないねぇ」



338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:58:57.22 ID:1BiVkFj70

>>335
人柱ってこと?



337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:58:47.31 ID:2SfINKZe0

さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。

俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。

何やってんだ俺は。
このテレビは15万もしたじゃないか。

たまたま落とした場所には布団が敷いてあって落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。
たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。

映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。

それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかな。



341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:59:30.37 ID:4DmbPotM0

>>337
鼓膜破れたか



347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 22:01:19.98 ID:suZNJ+9o0

>>337聴力がなくなってる


まさか、自分にあんな映画のヒーローのような体験のチャンスが巡ってくるとは、その時は夢にも思わなかった。
夜の繁華街の裏路地で、俺はたまたまその事件現場に遭遇してしまったのだ。
「やめてください、お願いですから・・・」哀願する少女を取り囲むように
「いいじゃねぇかぁ、少しくらいつきあってくれてもよう!」と、3人のチンピラ。

「・・・やめないか、悪党。」思わず、口をついで出てしまった挑発の文句。もう後には引けない。
逆上する3人のチンピラ。ナイフを手にしたやつもいる。
ならば・・・と、俺は左手で、懐からPSPを取り出す。
「PSPキック!」俺はすかさず、正面のナイフを持ったチンピラの鳩尾に蹴りを叩き込む。悶絶し、倒れるチンピラ。
「PSP裏拳!」返す右拳を、唖然とするモヒカン頭の顔面に叩き込む。鼻の骨が砕け、昏倒する。
「PSPエルボー!」もう一人のチンピラの頭蓋骨を砕く。
「PSPチョップ!」残るひとりの頚動脈を断ち切る。
一撃必殺。
一瞬にして、俺を取り囲むように倒れ悶絶する血ダルマが4つできあがった。
「次からは、相手を見て喧嘩を売ることだな・・・。」
返り血で真っ赤に染まったPSPを拭き取りながらそっと、俺に勝利をくれたPSPにつぶやいた。

「持っててよかった、PSP。」



351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 22:02:23.15 ID:U+kT9r7f0

>>347
おい四人目待てや



353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 22:03:09.56 ID:2SfINKZe0

>>347
少女もボコしたのか


332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 21:57:48.88 ID:4PG8hTy+0

こういうスレ見ると軽くへこむんだよね、わからなすぎて。。。
でも見ちゃうw


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。